白ニキビの原因と対策

<ニキビにも種類があるの?>

 

意外と知られてはいませんが、ニキビには白ニキビ、黒ニキビ、赤ニキビなどの種類があり、それぞれ見た目も原因も違います。

 

中でも白ニキビは、ニキビの中でも初期段階の状態のニキビです。

 

直径1mm〜3mm程の蓄積された古い角質が毛穴につまっている状態を白ニキビと呼びます。

 

つまり、皮脂がうまく排出されずにたまり、毛穴が広がり皮膚が膨らんでしまった状態です。

 

角質で詰まった表面が塞がれてしまっていることから、白ニキビは、別名;閉鎖面鞄とも呼ばれています。

 

白ニキビは炎症が起こる前の毛穴が詰まっているだけの状態なので、赤ニキビのようにアクネ菌による炎症もありませんし、痛みもそれほどありません。

 

ただ、痛みがないかわりに、大量に発生したり、しつこくなかなか治らなかったりします。

 

<白ニキビができやい箇所は?>

 

白ニキビができやすいとされている部位は主に、おでこ、口周り、あごです。

 

人によっては、こめかみや頬にできる人もいるぐらい、白ニキビは顔にとどまらず、二の腕や背中にも現れます。

 

また、恐ろしいことに、衣服がすれたり等の刺激を受けやすい分、白ニキビが赤ニキビへと悪化してしまう割合も非常に高いのです。

 

<白ニキビができる原因は?>

 

白ニキビは、毛穴がふさがって皮脂が外に出られなくなってしまった状態です。

 

毛穴の表面をふさぐ原因は、シャンプーやリンスの洗い残しや、メイク落としだけでは落とし切れなかったファンデーションや化粧品、塵や埃などでさえも詰まることがあります。

 

これらが毛穴に詰まることで、白ニキビができてしまうのです。

 

皮脂の分泌が過剰になることによって、毛穴はふさがりやすくなります。

 

栄養バランスの偏より、不規則な生活習慣、ストレスなどからくるホルモンバランスの崩れが原因と言われています。

 

また、年齢によるターンオーバーの乱れや、セラミド不足からくる肌の乾燥により皮脂が過剰に分泌されることもあります。

 

この他、 女性の場合は月経前に皮脂の分泌が高まるときがあります。

 

これは、月経前になると黄体ホルモンが卵胞ホルモンの分泌よりも優位になることが原因だといわれています。

 

月経前に白ニキビができやすくなるのには、ちゃんと理由があったのですね。

 

<白ニキビを自分で治す方法>

 

白ニキビを治すには毛穴の汚れを取り除けばいいのですが、実は潰すのはOKなんです。

 

白ニキビは炎症を起こしているわけでもなく、角栓で毛穴がふさがれているだけの状態なので、無理やり取って毛穴を解放しようというものなんです。

 

ただ、お肌への刺激が強すぎるので、潰すよりまず、正しい洗顔をしっかりすることをおすすめします。

 

ただ洗いすぎはよくありません。

 

必要な油分まで洗い流してしまっては乾燥してしまいます。

 

乾燥はニキビにとって大敵です。

 

正しい洗顔で洗いすぎないことを徹底すれば、白ニキビは自然と治るはずです。

 

>>ニキビケアに効果的なジッテプラスの詳細はこちら