背中のザラザラの原因となくす方法

<そのザラザラ、角栓かも?!ザラザラの正体は?>

 

そもそも清潔にしているつもりなのに、どうして背中がザラザラになってしまうのでしょうか。主な原因は3つあります。

 

1、毛穴の角栓

 

人の皮脂の分泌は盛んです。

 

鼻や小鼻のまわりに角栓ができるのはとても有名な話ですよね。

 

では、なぜメイクもしない背中に角栓ができてしまうのでしょうか。

 

それはなんと!背中にもTゾーンがあるからです。

 

両肩を結ぶ肩のラインが横、背骨に沿ったラインが縦のラインです。

 

このTゾーンは顔のTゾーンと同じく皮脂分泌が非常に盛んで、また、背中の上部は特に汗をかきやすいため、入浴時に洗い残しが起きやすい部分と言われています。

 

その為、溜まった皮脂と古い角質が混ざって毛穴に詰まってしまい、角栓となります。

 

これこそが背中のザラザラの正体だったのです。

 

2、お肌の乾燥

 

かかとがガサガサ乾燥して粉をふいたという経験はありませんか?

 

同じ状態が背中でもおこっている可能性があります。

 

この乾燥こそもまた、背中のザラザラの正体です。

 

お風呂に入るときに強くこすり過ぎて洗ってしまったり、過剰に皮脂を除去しすぎてしまうと、お肌が乾燥してしまうこととなります。

 

洗浄力の強すぎるボディソープや石鹸を使ってはいませんか?

 

特に市販の石鹸は洗浄力が強いものが多いです。

 

人の体にはある程度の油分が必要で、油分の取りすぎはよくありません。

 

適度な油分を残してあげる必要があります。

 

3、何かの病気

 

背中がザラザラするな?というだけじゃなく、背中に痛みを感じるような場合においては、病院に行って診察してもらうことをお薦めします。

 

<自分で簡単に自分できる対策は?>

 

ずばり、清潔にすることです。

 

何より大切なことは、清潔に保つことです。

 

たとえば、日中に大量の汗をかいたり、緊張で肌蒸れを感じたり、そのまま夜の入浴まで放っておくとその間に雑菌がどんどん繁殖して背中のザラザラの原因になってしまいます。

 

汗をかいたらこまめにタオルで汗を拭きとったり、お手軽な拭き取りタイプのシートを利用するなどで、背中を清潔に保ちましょう。

 

また、入浴時のシャンプーやコンディショナーの洗い残しが角栓の原因になるため、入浴時は最後に必ず体に残った洗浄成分をしっかり流すようにしましょう。

 

人の肌は敏感で、紫外線にあたると体内に活性酸素が発生し、ニキビの原因を作ります。

 

紫外線対策も有効です。

 

背中の皮膚を直接太陽の光に当てないよう、つばの広い帽子をかぶる、日傘をさす、UVカット効果のあるトップスを選ぶ等、普段から心がけることがとても大切です。

 

<いちばん大切なのは、保湿ケア!>

 

背中のザラザラから解放され、つるつるの背中を手に入れるには保湿がなにより大切です。

 

お風呂に入るときのお肌の乾燥は、特に女性にとって天敵です。清潔にした背中も、感想には負けてしまうからです。

 

背中のザラザラを防ぐために、入浴後すぐが保湿にはベストタイミングです。

 

>>ニキビケアに効果的なジッテプラスの詳細はこちら