背中が汚い女性は損してる?!背中美人になる方法をご紹介☆

薄着の季節になってくると、露出度が高まりますよね?!

 

特に背中のあいた服から見えるキレイな肌の背中は、女性ならあこがれますよね。

 

しかし自分の背中が汚いと・・・どうしても隠そうとしてしまいます。

 

それに、背中の汚い女性に、男性は「実は不潔なんじゃないの?」と悪い印象を持ってしまいます。

 

背中が汚いと悩んでいる多くの女性に汚くなってしまった背中を治すコツについてお教えしましょう。

 

ぜひ参考にしてください。

 

 

<背中の皮脂量は顔と比べると全然違う?!>

 

顔はキレイなのに、背中だけ汚い・・・って女性、結構いらっしゃいますよね?!

 

ニキビやニキビ跡、シミや黒ずみなんかで、汚くなってしまっている背中。

 

ニキビが出来る原因は、実は顔も体も一緒なんです。ただ、いつもの顔にするニキビケアを背中にしていない方がほとんどです。

 

顔は背中と違って、朝晩の2回キチンと洗顔している方がほとんどに対し、背中は入浴で洗うだけ・・・となっていますよね?

 

実は、背中の皮脂量は顔よりも多く、また乾燥もしやすいので毛穴が詰まりやすくなっています。

 

結果、ニキビになってしまいます。

 

 

<汚い背中はズバリ2種類!体の洗い方で治る??>

 

【ブツブツの赤いニキビは体の洗い方で治る?!】

 

ブツブツに赤いニキビの状態は、毛穴詰まりと乾燥が原因で、お風呂での体の洗い方を変えるだけで、ニキビを早く治すことができます。

 

ニキビで汚い背中になってしまっている場合は、常に毛穴を清潔にしてあげ、刺激を与えないように優しく洗ってあげることをおすすめします。

 

 

【ニキビ跡やシミ・黒ずみの場合は、乾燥を防いで美白成分を浸透させてあげると治る??】

 

ニキビ跡やシミ・黒ずみなど色素沈着している状態の肌は、肌の奥の角質層の奥までダメージが到達してしまっています。

 

そのため、汚い背中を治してキレイな背中に戻すまでには、肌の内側の角質層の奥に存在する真皮層を修復しないといけません。

 

色素沈着してしまった肌には、、薬用美白成分を肌の奥まで浸透させてあげる必要があります。

 

背中のシミの原因は、活性酸素の影響や昔の日焼けが原因でメラニンが発生してしまい、これが原因となっています。

 

シミが治りにくい原因は、肌の奥に原因があり、メラニン色素が肌内部に発生し、角質層の奥に留まってしまうからです。

 

シミやニキビ跡を治す方法は、薬用美白成分を角質層の奥まで浸透させることで短期間で治すことが可能になっていきます。

 

黒ずみの場合は、肌の内部が乾燥しているので、乾燥を防いで、ニキビ跡やシミと同様、薬用美白成分を浸透させると、シミより消すことができます。

 

 

<汚い背中を治すコツ まとめ>

 

汚くなってしまった背中を治す方法を紹介させていただきましたがいかがでしたか?。

 

背中が汚いと悩んでいる方は、落ち込まず、まずは一度参考にしてみてくださいね。

 

また、ニキビ跡やシミ・黒ずみなどができないよう日ごろからお顔のケアと同様にケアしてあげるよう心がけましょう。

 

>>ニキビケアに効果的なジッテプラスの詳細はこちら