医薬部外品ってどういう意味?

<医薬品と医薬部外品>

 

医療品は文字通り「医療」ですので、あたりまえですが、病気を治すためのものです。

 

処方箋が必要である病院や薬局でしか買うことができず、治療や予防に効果がある、いわば“お薬”です。

 

医薬部外品とは厚生労働省が許可した効果や効能に有効な成分が、一定の濃度で配合されているものを差します。

 

少し難しい話になりますが、医薬部外品は法改正により3つの部類に分かれています。

 

@医薬部外品・・薬事法第2条第2項1〜3に準ずるもので厚生労働大臣が指定したもの。

 

見慣れた製品例でいうと、薬用化粧品、ヘアカラー、歯周病・虫歯予防の歯みがき、生理用ナプキン等があります。

 

A指定医薬部外品・・薬事法第2条第2項1に準ずるものでかつ厚生労働大臣が指定する、新指定医薬部外品や新範囲医薬部外品をさします。

 

ちょっと難しくなってきましたね。

 

身近な製品では、ビタミン剤、のど清涼剤、健胃清涼剤等が、これにあたります。

 

B防除用医薬部外品・・薬事法第2条第2項4に準ずるものでかつ厚生労働大臣が指定したものです。

 

こちらの製品例としては、電気蚊取(マット式、液体式、ファン式)、エアゾール剤(有効成分がピレスロイド)等があります。

 

「効果がある」と認めている成分が含まれているものなので、治療というよりは予防を目的に作られていることが多く、「肌荒れを防ぐ」「日焼けによるシミ・ソバカスを防ぐ」など、商品のパッケージでもその効果をうたうことができます。

 

ちなみに「薬用」も効果・効能をうたうことができるので、「薬用=医薬部外品」ということになります。

 

<化粧品とは?>

 

医薬部外品と比較して、効能・効果が緩和で「人の身体を清潔に保ち、美化し、魅力的に容貌を変え、皮膚や毛髪を健やかに保つために、身体に塗る等、その他これらに似た方法で使用されることが目的とされているもの、人体に対する作用がおだやかなもの」とされています。

 

ちなみに化粧品は、医薬部外品に認められている「肌荒れ」「にきびを防ぐ」などの効能・効果を表記することはできません。

 

ここが大きな違いです。

 

<では、医薬部外品と化粧品どっちを選ぶ?>

 

身体を洗うための石鹸や洗浄剤にしても、「化粧品」扱いのものと「医薬部外品」扱いのものと実は2種類あるって知っていましたか?

 

医薬部外品には成分を全て表示する義務がなく、指定された表示成分のみ表示すれば良いことになっています。それに対して化粧品はというと、全成分の表示が義務付けられています。

 

さらに、医薬部外品は決められた成分が「一定の濃度」配合されていますが、化粧品は全成分の表示が義務付けられているだけで、配合量までは決められていません。

 

つまり、医薬部外品には成分表に記載されていない成分が入っていてもおかしくない、少なくとも可能性があるということになります。

 

一般的に医薬部外品や薬用の方が有効性は高いと言われてはいますが、自分の肌に合わない成分が隠れて入っていると思ったらいたら、どうでしょうか。

 

せっかく使用したとしても、逆効果になる可能性だってあるのです。

 

その点、化粧品は効果効能は緩和なものになりますが、全成分が記載されているので、その点では安心して使用することができます。

 

ちなみに成分表記をみてみると、配合量の多い成分から順番に記載されていることがわかります。

 

不思議なもので、普段から気にして見ることで本当にそれが自分のほしいものなのか、成分表を見るだけでわかるようになってきます。

 

また、ただ見るだけではなく、成分表をきちんと理解してみることで、医薬部外品より化粧品の方がお肌にとって良い場合も見極められるでしょう。

 

成分表示はよく確認してから選ぶことが大切です。

 

>>ニキビケアに効果的なジッテプラスの詳細はこちら