きれいな肌は女性の憧れ?!誰でも簡単にきれいになれる?

肌にブツブツがあったり、肌の表面がデコボコしたりして悩んでいる方っていらっしゃいますよね?!

 

敏感肌の方は特に悩んでいて、鏡を見る度、憂鬱な気分に落ち込んでしまいます。

 

肌がきれいな人を見ると、「なんであんなにきれいな肌なんだろう?」「うらやましいなぁ」と思ってしまいます。

 

実は肌がきれいになる方法は抑えておかなければいけないポイントがあるんです。

 

そんなポイントがあるのなら、肌がきれいになる方法を知りたいですよね?!

 

肌がきれいになる方法を知ってうらやましがられる肌を手に入れましょう☆

 

 

<まずは保湿が大切!!>

 

洗顔後は、化粧水を塗ってその後、乳液を塗って、最後に美容液・・・という基本のスキンケアをされている方が大半だと思います。

 

しかし、化粧水は塗らなくてもいいんです。

 

なぜなら、肌は本来「うるおすちから」を持っていますので、その「うるおすちから」を取り戻すスキンケア方法が最近注目されているみたいです。

 

それって何か?

 

洗顔後は化粧水を塗らずに、保湿クリームを塗るだけというスキンケア。

 

最近の女性は化粧水などで水分を与え過ぎてしまっている傾向にありますが、化粧水だけだと保湿の効果があまりないので、油分でしっかり蓋をしてあげる必要があります。

 

朝晩の1日2回保湿クリームを塗ってあげるだけで、ニキビが改善されたという人も多数います。

 

 

<洗顔前の蒸しタオルは毛穴の汚れに効果あり?!>

 

洗顔前に蒸しタオルをしてあげることで毛穴を開いてあげることができます。

 

細かい汚れってしっかり除去しているつもりでも、除去できていなことがよくあります。

 

毛穴につまった汚れはしっかり除去してあげることが重要なので、まず蒸しタオルをしてあげ、毛穴が開いた状態で、洗顔で汚れを落とし、その後「冷やしタオル」をしてみてください。

 

「冷やしタオル」で肌細胞が活性化しますので、開いた毛穴も閉じることができるんです。

 

 

<成長ホルモンが分泌されるお肌のゴールデンタイムに睡眠をとることが大切?>

 

お肌がきれいになる方法として、お肌のゴールデンタイムである午後10時〜午前2時の時間帯にできるだけ多く睡眠を確保してあげるということがあります。

 

睡眠を十分とってあげる事がお肌にいいということがよく耳にしますが、ゴールデンタイムって何?って思う方もいらっしゃいますよね?!

 

お肌のゴールデンタイムと呼ばれている時間帯は、成長ホルモンが分泌する時間帯となります。

 

成長ホルモンの分泌はアンチエイジングやお肌がきれいになる方法の1つです。

 

お肌のゴールデンタイムを逃さないように睡眠をとるよう心がけましょう。

 

 

<デトックスは肌をきれいにしてくれる>

 

便秘がちな女性は多いですよね?!

 

便秘症の人は、腸内で便が腐敗して毒素として溜まってしまいます。

 

溜まってしまった毒素は、血流にのって全身へ運ばれてしまいます。

 

毒素が体外へ出ようとすると吹き出ものや肌荒れの原因となってしまいますので、体内に溜まった老廃物や毒素が、体外にスムーズに排出すると肌がきれいになります。

 

便秘を解消するためには、食生活を見直すのが1番いい方法です。

 

善玉菌が含まれているヨーグルトは特に便秘に効果がありますが、食物繊維の豊富な野菜や海藻類を積極的に食べる事でお肌をきれいへ導いてくれます。

 

 

<肌がきれいになる方法 まとめ>

 

肌がきれいになる方法をご紹介させていただきましたが、いかがでしたでしょうか?

 

特別な動作をするわけでなく、日ごろ少し心がけるだけでいいようなものばかりですね。

 

保湿・睡眠・栄養に気を配ることできれいな肌を手に入れることができます。

 

体の内側から肌をきれいにしていきましょう。

 

>>ニキビケアに効果的なジッテプラスの詳細はこちら