ジッテプラスは顔に塗っても大丈夫?詳しい使い方を知りたい!

ニキビって背中も気になるけど、一番は顔ですよね。顔のニキビやニキビ跡を早く消したいと悩んでいる人も少なくありません。ジッテプラスの使い方の中に顔は含まれてないの?と疑問を持っている人もいるのではないでしょうか。

 

ジッテプラスの使い方について詳しく説明していきます。

 

【ジッテプラスの使い方】

 

まず、公式サイトで紹介してある使い方について説明します。公式サイトで紹介してある使い方は背中のニキビケアについてです。

 

<ジッテプラスの背中への使い方>

 

背中全体に塗る際はサクランボ大1つ分をとり、手の平で広げます。この時、手のひらにしっかりとなじませるのがポイントです。

 

また、馴染み良くするために手をお湯につけて温めておくなどもおすすめです。素手で背中全体へ広げていきます。もし可能なら、家族に塗ってもらうとよりしっかりと背中全体に塗ることが出来るかもしれません。

 

使う頻度は1日2回です。朝と夕方に塗るのをおすすめします。夕方はお風呂上りで清潔な状態ですが、朝は、洋服の繊維などがついていたり皮脂が出てきている場合があります。そのため、濡れタオルで一度拭くなどすると良いかもしれません。

 

<顔に使うことができるの?>

 

ジッテプラスを使うことが出来る場所に顔は含まれています。公式のサイトでも紹介してある様に、全身にジッテプラスを使うことができます。

 

そのため、ニキビが気になる、顔、背中、腕など1つで全てを賄うことができます。顔への使い方を紹介します。

 

<ジッテプラスの顔への使い方>

 

顔は化粧水や乳液など洗顔後に様々な化粧品を使っているのではないでしょうか。どのタイミングでジッテプラスを使用するのが効果的なのか悩みますよね。

 

おすすめは、洗顔後すぐにジッテプラスを塗ることです。メイク落としや洗顔料で肌が最も綺麗になった状態でジッテプラスを塗ることで保湿やニキビの炎症を抑える効果をしっかりと発揮してくれます。

 

これも、背中と同様、1日2回がおすすめです。つまり、朝は、洗顔後、ジッテプラス、化粧水、乳液やクリームなどの順番です。夜は、メイク落とし、洗顔、ジッテプラス、化粧水、乳液やクリームなどの順番ということになります。

 

朝でも、皮脂汚れが気になる場合はメイク落としをしても良いと言われています。ただし、メイク落としは物によって皮脂を落とし過ぎる場合があるので要注意です。

 

顔のニキビは、皮脂やメイクのつまりや乾燥などが原因になります。しっかりと汚れを落としてからジッテプラスを使いニキビケアをしていきましょう。

 

【ジッテプラスの顔への使い方のまとめ】

 

ジッテプラスは全身に使うことができます。どこに使う場合でも1日2回、使う順番など使い方を間違えずに続けることが大切です。

 

健康でも、美でもそうですが、毎日の積み重ねがとても重要です。根気よく、ジッテプラスを使い続けていきましょう。

 

>>ジッテプラス(Jitte+)の公式サイトはこちら