ジッテプラスの副作用を徹底調査!

肌に毎日つけるものであるため、副作用が心配ですよね。どんな副作用があるのか事前に知っておくことで安心して使うことができます。

 

成分や口コミなどから実際にあった副作用について説明していきます。

 

【口コミから副作用を調査】

 

常に肌がボコボコしていて、頑固なニキビ跡に悩んでいました。ジッテプラスを使うと、肌がすべすべになり、背中が開いている服が着られるようになりました。敏感肌の私でも使うことができました。

 

背中ニキビに困ってジッテプラスを使ってみました。塗るだけで簡単ケアができ面倒くさがりでもケアができています。ニキビの予防と保湿を同時にしてくれるので必需品です。

 

肌につけるものとして考えられている成分のため、肌が綺麗になるだけでなくハリが出ました。

 

このように口コミでは効果があったというものが多く、副作用の心配なく使えるようです。

 

【成分から副作用を調査】

 

ジッテプラスに配合されている主な成分からそれぞれの副作用についてみていきたいと思います。

 

主成分となっているアクシアーヒアルロン酸は、大きさが異なる3種類のヒアルロン酸が配合されています。

 

ヒアルロン酸はほとんどの化粧品に含まれているため、美容成分としては欠かすことができません。今使っている化粧品にもヒアルロン酸が含まれているのではないでしょうか。

 

そのため、主成分は副作用なく使用することができます。

 

他に含まれている成分にはどんなものがあるのでしょうか。

 

<洗浄効果のある成分>

 

グリチルリチン酸2、アーチチョークエキス、スターフルーツ葉エキスが洗浄効果のある成分として含まれています。

 

この中でグリチルリチン酸はニキビケア商品によく含まれるもので抗炎症作用を持っています。

 

多量にこの成分が含まれている場合には、偽アルドステロン症を引き起こす可能性があると言われていますが、ジッテプラスには少量しか含まれていないため副作用の心配はいりません。

 

<美白効果のある成分>

 

プラセンタエキス、3-0エチルアスコルビン酸、ブルーン酵素エキスが美白効果のある成分として配合されています。

 

プラセンタエキスなどは特によく耳にする言葉です。3-0エチルアスコルビン酸があまり聞きなれないかもしれません。

 

これは、ビタミンC誘導体よりも皮膚浸透力が高いことで知られています。そのため、化粧水や美容成分の成分によく使われています。

 

つまり、副作用の心配は必要ないということです。

 

【ジッテプラスの副作用のまとめ】

 

結論、ジッテプラスの副作用を心配する必要はないということですね。

 

ただし、体質などによって合う、合わないがあるため事前にパッチテストやアレルギーを持っている人は成分を念入りに調べてからの使用がおすすめです。

 

また、使用後、違和感などを感じたらすぐに使用を中止することが大切です。ジッテプラスで背中美人になれる日が楽しみですね。

 

>>ジッテプラス(Jitte+)の公式サイトはこちら